グロウコミュニティ株式会社は名古屋を拠点とするシステム開発やIT人材教育に特化したIT企業です。

column

コラム

2021/11/04

【実際どうなの?】多治見Amazonのお仕事内容を管理者がリアルで語る

皆さんこんにちわ!多治見Amazonを担当している管理者です。

今回の記事ではAmazon倉庫のお仕事についてリアルにお話しできたらいいなと思っています。

求人票ではわからない部分をお伝えできればと思っています。

最後までご覧ください。

1.Amazon倉庫のお仕事ってどんなの?

Amazonの物流倉庫には主にピック、ストー、パックという工程があります。

アルバイトや派遣でAmazonの倉庫で働いた場合は殆どこの3つのうちのどれかの仕事を任されます。

その1:ストー作業

ストー作業者は棚に商品をしまう作業者の事です。

Amazonには色々なお店も出店していますが、その多くが在庫の管理をAmazonに委託しています。

Amazonに出店して自社で在庫管理をする会社もありますが、実は多くの会社や個人がFBAという、Amazonの物流拠点に商品を預けて在庫管理や発送作業を出品者に変わってAmazon行うというサービスを利用しています

そういった商品がAmazon倉庫に運ばれてきて、その運ばれてきたものをストー作業者が棚にしまっています。

その2:ピック作業

ピック作業者は台車などを使って棚から商品を集めて作業者の事でピックの中でもエアーとグランドに別れていて、エアーは高所の棚から商品を集める人、グラウンドは高所の商品を集めない人のことを指しています。

バーコードリーダーを片手にカゴ付きの台車へ指定された商品を乗せて、カゴがいっぱいになったらそれを次の作業者に渡し、また商品を取りに行くという作業をします。

Amazonは基本的に重い商品が少なく、台車で商品を運ぶので女性など力の無い人でもそこまで辛く無い仕事になっています。

その3:パック作業者

パック作業者はピック作業者が集めてきた商品を箱詰めする作業者です。

みなさんがAmazonで商品を頼んだ時にAmazonの箱に入っているものとそうで無いものがあると思いますが、Amazonの箱に入って送られてくる商品は全てこのパック作業者が梱包してくれた商品になります。

2.Amazon倉庫のお仕事は大変なの?

どのAmazon倉庫の求人票を見ても”簡単で楽なお仕事♪”と書いてありますよね。

実際本当に楽なのかAmazon倉庫で実際に働いていた僕が語ります。

結論、楽ではありません。理由として

・8時間勤務

・ずっと動きっぱなし

・単調作業

これが率直な感想です。ですが他の工場の生産ラインのお仕事や運送系よりは遥かに気軽に働く事ができます。なぜか。

・倉庫の環境がとてもいい(コンビニや食堂がある)

・重たい商材がほとんど無い(化粧品や日用品がある)

・シフト制なので出勤できる日、しない日を自由に決めれる。(ご自身のご都合に合わせれる)

・残業をしなくてもいい

工場で働くとなると同じ場所で同じ事をずっと作業をする。工場独特の匂いがある。

などどちらかと言えば環境が悪い事が多いです。それに比べたら断然Amazon倉庫は良いと言えます。

3.どのくらの年齢の方が働いているの?

年齢層は20代〜60代の方が働いています。特に30代後半の主婦さんやフリーターの方が多く働いています。

また内定が決まり卒業するまでお仕事をしたい大学生の方も多いです。

これは意外なんですが、Amazon倉庫は女性の方が意外と多いんです。

6:4ぐらいの比率で女性が活躍しているのが現状になります。

この事から言えることは”誰でもできるお仕事”という事が分かりますよね!

4.職場の人間関係は?

作業中はあまり私語をすることがありません。なので人間関係で揉める事はよっぽど無いと言えます。

作業を教えてくれる方も自分のペースに合わせて教えてくれるので安心ですね。

グロウコミュニティに関しては管理者がついているので悩みや相談などすぐにすることが可能です。

5.お仕事やバイトを始めるならAmazon倉庫へ

通勤もAmazonバスから無料のシャトルバスが出ているのでこちらをご利用することができます。

常時、募集ですので興味ある方は1度お話しを聞いてみることをおすすめします。

前の記事 :
次の記事 :

一覧に戻る

CONTACT

プログラミングスクールを覆す最新のITエンジニア育成の詳細はこちら

Tel.052-684-8942

電話の受付時間 10:00~21:00